スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
リチャードソンジリス 
さて、今回はリチャードソンジリスです。(尻尾が濡れていますが、掃除の時に濡れてしまっただけなのでご心配なく。)
jirisu
エジプトの壁画や陶器などに描かれた人物のようなくっきりとした目がエキゾチックで魅力的きらきらです。
そして殻つきの落花生に似ている。
jirisu
ご覧の通り、プレーリードッグによく似ています。プレーリードッグより小型なので「ミニプレーリードッグ」とも言われているらしい。飼育方法もそれほど変わりません。でもプレーリードッグがリス科プレーリードッグ属なのに対してリチャードソンジリスはリス科ジリス属に分類されるそうです。
本家の(?)プレーリードッグが数年前から輸入禁止で国内産のみとなり、あのぽっちゃりした愛らしい姿を見る機会が減ってしまった今、プレーリードッグ好きには嬉しい存在ですね。
jirisu
プレーリードッグよりも野性味が強く人馴れするのが難しいらしいのですが、今いる子たちはケージに近寄るとすぐに嬉々として(希望的観測)寄ってきます。警戒心0です。まだお子ちゃまだからなのかな。それとも好物をもらえると思うのか。キャベツやリンゴやミルワームをあげると夢中で食べてます。
手を入れるとやっぱり噛もうとするのですが、怖くてなのか好奇心なのか微妙な様子。
時々体を伸ばすようにしながら「キーキー」と甲高い声で鳴くので集合住宅向きではないかも。
それでも活発に動く愛嬌のある姿は見ていて飽きません。
jirisu
【リチャードソンジリスRichardson's ground squirrelについて】
生息地:カナダからアメリカ北部の山地や草原
体長:13-40cm
尻尾:4-25cm
体重:250-600g
寿命:3-7年
昼行性。野生下では地下に巣穴を掘って生活。冬眠の習性がありますが、飼育下では保温をして冬眠させないのが妥当。単独飼育が好ましい。頬袋あり。
エサ:主食/プレーリードッグ用ペレット(またはチモシー主原料のウサギのペレット)、牧草(チモシー)。 副食/野菜、果物、昆虫(ミルワーム、コオロギ等)。
オス・メスあり
オランダ産
価格は38,000円
です。

今回の反省点:気づけば画像がどれも左側の姿ばかり。もっとバランスよく撮りましょう。
 
 
 

管理者にだけ表示を許可する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。